聖夜の晩餐 ジャンヌ ダルク オルタ

(カーブスモデルズ)

 

ガレージキットディーラー・カーブスモデルズ様の作品です。

オフィシャルのイラストを立体化したアイテムのようですね。

特に大きな改造点はありません。

髪のパーツが多く、取り付け位置や順番に注意が必要です。

特に髪パーツのひとつに右腕が通っているのがあるのですが、軽い罠です。

腕を接着してしまうと、どうやっても髪が付けられません。

なので組み立て順番として、まず頭部をボディに接着。

次に説明書通りの順番で各髪パーツを接着していき、

右腕を通す髪パーツのみ、腕と同時に接続しましょう。

今後、このキットを製作予定の人は、この点だけご留意下さい。

ベースはフライシュバロンオリジナル。

ディーラーの完成品サンプルではバーカウンターの奥まで作り込まれ、

イラストの雰囲気を余すこと無く再現してありました。

見た瞬間、フライシュバロンでも「あぁ、こんな風に作りたい!」と思いましたが、

今回は特殊ベースではないので、予算的に断念。

しかしカウンターだけは絶対必須だと思い、プラ板工作で製作。

カウンター上のワイン瓶は市販品を改造。

軽く再塗装してから本物のワインラベルをプリンターで出力して貼ってあります。

イラストではこんなに大量のワイン瓶は置いてありませんが、

何か寂しい気がしたので気前よくたくさん設置してみました。

椅子は回転させる事ができ、ジャンヌの向きを左右に調整する事ができます。

イラスト通りの角度はもとより、カウンター越しのアングルも楽しめます。

 

戻る

inserted by FC2 system